エネルギー相談Q&A

ソーラー&蓄電池

停電時、自立運転への切り替え方法は?

パワーコンディショナのタイプによって操作方法が変わります。
以下のリンクから該当ページに飛んでご確認ください。

1.底面に運転スイッチがあるタイプ https://www.ofsystem.co.jp/info/detail/40
2.正面に四角ボタンが2つあるタイプ https://www.ofsystem.co.jp/info/detail/41
3.正面に丸ボタンが3つあるタイプ https://www.ofsystem.co.jp/info/detail/42
4.正面に丸ボタンが2つあるタイプ https://www.ofsystem.co.jp/info/detail/43

停電が復旧したら、自立運転から通常運転に戻す操作をお忘れなく!

ソーラー&蓄電池

停電の時、蓄電池はどうすればいいですか?

全負荷タイプの蓄電池なら、何もしなくても家中で蓄電池の電気を使い続けることができます。
特定負荷タイプの蓄電池は、あらかじめ決められた負荷(コンセント)からのみ電気を取ることができます。
いずれのタイプの蓄電池の容量を超えて電気を使うことはできません。停電時には、残量を確かめながら無駄のない電気の使い方を心がけてください。

ソーラー&蓄電池

停電の時、太陽光発電から蓄電池に充電するにはどうすればいいですか?

全負荷タイプの蓄電池は、自動で太陽光発電の電気を家の中に給電したり貯めたりしてくれます。お客様が切り替え作業をする必要はありません。
特定負荷タイプは太陽光発電のパワーコンディショナを自立運転に切り替える必要があります。
パワーコンディショナのタイプによって操作方法が変わります。
以下のリンクから該当ページに飛んでご確認ください。
1.底面に運転スイッチがあるタイプ https://www.ofsystem.co.jp/info/detail/40
2.正面に四角ボタンが2つあるタイプ https://www.ofsystem.co.jp/info/detail/41
3.正面に丸ボタンが3つあるタイプ https://www.ofsystem.co.jp/info/detail/42
4.正面に丸ボタンが2つあるタイプ https://www.ofsystem.co.jp/info/detail/43

停電が復旧したら、自立運転から通常運転に戻す操作をお忘れなく!

ソーラー&蓄電池

太陽光発電は固定買取終了後、どうなりますか

一番早いお宅では、2019年10月で現在の単価での買取期間が満了となりますが、中部電力からは引き続き7円~9円程度で買い取ることが発表されています。
売電は続けられますのでご安心を。

また、電力会社に安く電気を売り続ける以外の選択肢もあります。
・蓄電池を導入して、太陽光発電の電気は売らずに貯めて、あとから使う
・エコキュートの湯沸しを太陽光発電で行い、夜間電力を節約する・・・などなど。
ご家庭の状況に合わせて最適なプランを選ぶお手伝いをいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
0120-48-3382

ソーラー&蓄電池

蓄電池に補助金はありますか?

2020年度は国からの補助金に加え、自治体からも次の通り補助金が出ます。
補助金がもらえる条件等、詳しくはお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-48-3382
浜松市:一律10万円
磐田市:一律2万円
袋井市・一律8万円
湖西市:1kwhあたり1万円
掛川市:上限6万円
菊川市:1kwhあたり12,000円
御前崎市:1kwhあたり2万円
吉田町:一律10万円(太陽光発電と同時設置)
川根本町:上限10万円
島田市:1kwhあたり2万円
藤枝市:1kwhあたり2万円 上限10万円
焼津市:一律5万円
富士市:一律5万円
富士宮市:上限10万円
沼津市:一律10万円(太陽光発電と同時設置)
三島市:上限5万円
清水町:一律5万円
長泉町:一律10万円
裾野市:一律10万円
御殿場市:一律5万円
伊東市:一律5万円
豊橋市:1kwhあたり1万円 上限7万円
豊川市:一律10万円
田原市:一律10万円
新城市:一律10万円

ソーラー&蓄電池

太陽光発電に対する補助金はありますか?

2020年度は各自治体から次の通り補助金が出ます。
売電単価は13円~21円と、まだまだメリットのある金額になっています。
補助金を利用してのご設置をぜひご検討ください。

浜松市:一律25,000円
磐田市:一律2万円
袋井市:1kwあたり1万円
森町:1kwあたり1万円
掛川市:(新築)3万円(既築)6万円
菊川市:1kwあたり8千円
御前崎市:1kwあたり2万円
吉田町:一律10万円(蓄電池と同時設置で)
川根本町:一律2万円
藤枝市:1kwあたり1万円 上限4万円
焼津市:一律5万円
富士宮市:1kwあたり2万円
沼津市:一律10万円(蓄電池と同時設置)
三島市:1kwあたり1万円
清水町:一律2万円
函南町:1kwあたり1万円
長泉町:一律10万円
伊豆市:1kwあたり3万円
小山町:一律5万円
御殿場市:一律5万円
伊東市:一律4万円
河津町:1kwあたり5万円
下田市:1kwあたり3万円
豊橋市:1kwあたり15,000円

ソーラー&蓄電池

蓄電池で停電時に使用できる電気はどのくらいですか?

例えば京セラの12kwhタイプ蓄電池は、あらかじめ決めた2回路で電気を使うことができ、100Vで最大2,000w使用できます。同時に430w程度使用した場合、最大23時間ほど連続使用できます。
ニチコンの全負荷タイプなら、200V機器(エコキュートなど)家中すべての電気が使えます。(標準的な家電:TV、照明、スマホ、ルーター、冷蔵庫、エアコン、IH調理器が標準的な使い方で24時間動くと試算されています。)

ソーラー&蓄電池

蓄電池で200Vの機器が使えますか?

使える機種と使えない機種があります。
弊社では、200Vも使用できるニチコン・長府工産製のハイブリッド蓄電池も取り扱っています。この蓄電池は停電時に特定の回路だけでなく、家全体に電気を供給できます。

ソーラー&蓄電池

京セラの蓄電池は、京セラ以外の太陽光発電が付いている家にも設置できますか?

出来ます。ただし、京セラ以外の太陽光発電システムに起因して蓄電池に不具合が起きた場合、保証対象外となります。

ソーラー&蓄電池

蓄電池の設置条件を教えてください。

直射日光が当たらない場所(家の北面など)に設置します。海岸からの距離が300m以内の塩害地域は設置ができません。